最新のすい臓癌の治療方法 その1

まずすい臓癌はどんな病気なのかを説明します。癌の発生頻度が高いのはすい頭部で、すい臓癌全体の中で約七割を占めます。また組織学的にみると、すい管上皮がんが最も多く、すい臓癌全体の九割を占めています。ほかに、粘液を多量につくり出す粘液産生すい臓癌や消化管ホルモンをつくり出す細胞から発生する島細胞癌などがあります。次に症状について説明します。もっとも多い症状は腹痛で、続いて黄疸、食欲不振がみられます。また下痢や背部痛、体重減少がみられたり、腹部に腫瘤を触れることもあります。しかし早期には症状らしきものはほとんど現われません。さらに、すい頭部にがんが発生して、比較的早期に黄疸が生じる場合以外には、すい臓がんに特有の症状がほとんどないことも早期発見を困難にしています。とくに、すい体部や、すい尾部に発生するがんは症状が出にくく、しばしば発見が遅れることがあります。

ISO コンサル

釣具 通販 格安